About Epigeneron

当社について

DNA塩基配列が変化していないにも関わらず、さまざまな要因で遺伝子発現が制御されることがあり、このことが多くの疾患の発症や予後に深く関係することがわかっています。これらのエピジェネティック制御をはじめとする遺伝子発現の異常は、疾患発症メカニズムの解明や、新たな治療薬を創出するうえで、重要な研究領域として近年注目されています。

Epigeneronは、藤井穂高 MD, PhD と藤田敏次 PhD が発明した遺伝子座特異的ChIP法とORNi-PCR法等の産業利用を企図して設立されました。これらのプラットフォーム技術は、従来見出すことが困難だった遺伝子発現制御に関わる創薬ターゲットの探索や、一塩基変異など希少な遺伝子配列の検知などを可能にします。Epigeneronは、エピジェネティック制御やその他の遺伝子発現制御に関わるまったく新しい創薬ターゲットを見出すパイオニアとして、ヘルスケア産業に貢献してゆきます。

アクセス
本社

〒103-0012 
東京都中央区日本橋堀留町一丁目9番10号 
ライフサイエンスビルディング7 8階(旧上野ビル)

地下鉄「人形町」駅下車  徒歩5分
地下鉄「小伝馬町」 駅下車  徒歩6分

※専用駐車場はございません。
最寄りの駐車場をご利用ください。

神戸研究所

〒650-0047 神戸市中央区港島南町5-5-2 
KIBC 神戸国際ビジネスセンター
CoLaborator Kobe 602号室(オフィス) / 
260 - 262号室(ラボ)