Scientific Advisors

About Epigeneron

Toshitsugu Fujita, Ph.D.

藤田 敏次

当社創業者、弘前大学大学院医学研究科准教授/研究教授、静岡大学農学部卒、大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了(博士(理学))、スイスジュネーブ大学医学部研究員、大阪大学微生物病研究所感染症学免疫学融合プログラム推進室助教を経て現職。2015年4月に合同会社Epigeneronを創業。ゲノム生物学やPCR法に関する技術基盤の実用化のエキスパート。

Ali Shilatifard, Ph.D.

The Department of Biochemistry and Molecular Genetics of the Northwestern University Feinberg School of Medicine、教授、学部長、Simpson Querrey Institute for Epigenetics of the Northwestern University Feinberg School of Medicine、ディレクター。著名な分子生物学者であり、エピジェネティックスの専門。COMPASS複合体等の発見を通して遺伝子の転写、クロマチンやがんのバイオロジーの研究に大きく貢献。現在、COMPASSファミリーやSECに対する阻害剤を小児白血病、脳腫瘍やトリプルネガティブ乳がんの治療薬として開発中。これまでの白血病とリンパ腫に対する研究の功績により、Sword of the American Cancer Societyとアメリカ生化学・分子生物学会のAMGEN Awardを受賞している。

Kentaro Yoshimatsu, Ph.D.

吉松 賢太郎

2021年2月から当社サイエンスアドバイザー。
エーザイ株式会社にて創薬研究、特に抗がん剤の研究に長く従事。同社常務執行役・研究開発担当を経て同社チーフサイエンティフィックオフィサーを務める。また米国H3 Biomedicine社長を務める。現在、株式会社凜研究所代表取締役社長。東京大学薬学部卒業、同大学院薬学系研究科修士課程修了、および、同博士号取得。