蛋白質や蛋白質核酸複合体を用いてRPA法による核酸増幅阻害を行うことで、遺伝子変異やエピジェネティック状態の差異を検出する方法を開発しました。

News
19 Aug 2021

株式会社Epigeneronの創業者・取締役CSOである藤井穂高・弘前大学教授らが、蛋白質や蛋白質核酸複合体を用いてRPA法による核酸増幅阻害を行うことで、遺伝子変異やエピジェネティック状態の差異を検出する方法を開発しました。詳しくは下記リンクをご覧ください。

https://www.nature.com/articles/s42003-021-02503-5